interior zakka shop
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おおさか

昨日は大阪行っとりました。





普段電車にめったに乗らないもんだから



毛穴が確認できるほどの人と人との距離の近さに



ああ オラやっぱり都会には住めねえだ・・。



べこと坊主の住む村に帰りてぇ・・。



と中央出口を探し、ひたすら歩き回った時点で痛感。



でもこれがまた、たまに行くから刺激的なんだよね。




今回は昭和レトロ好きにはたまらない中崎町へ。






大阪駅から少し歩いただけで、こんな昔懐かしい町並みが。




こんな細い裏道にも素敵なカフェや雑貨屋が立ち並ぶ。




だったんだけど・・・。




定休日。







あれ?ここも?






あ、ここはドアがかわいかった。





どうやらこの地域一帯が火曜日休みが多いらしく



唯一開いてたこちらの高架下カフェでまったり。






内装の写真が撮れなかったのが残念なくらい



古いコンクリート壁をむき出しにして



裸電球でまとめた空間がすごくおしゃれ。



ランチにパスタを食べたんだけど



これがまたすごく美味しい!



大阪ってやっぱすごい。



偵察に行った雑貨屋も



足元から天井まで隙間なくぎっしり並べてる雑貨屋もあれば



ここ本当に雑貨屋さん?という個性的なお店も。




そう、よっさんは確信した。



大阪という土地柄、余るほどのお店が所狭しと立ち並ぶ街だからこそ



「個性勝負」が生きるんだなーって。



都会ほど洗礼された個性的なお店があるのはそのせいだね。



きっと。



姫路ももっと斬新おしゃれな雑貨店が増えるといいな。




あーすごく楽しかった。



電車内の人の距離感は苦手だけど我慢してでもまた行きたい。



そう思った。







 
12:09 おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ご褒美




よっさんには行きたくても絶対に行かれないお店があります。





入店拒否?





まあ なくもないかもしれませんが





よっさんのお店の定休日は月曜日。





「週末だけOPEN」のお店には一生行かれないのです。





でも今cavoさんのお店は改装休業中。






これは まさに いわゆるフリーダム。






なので昨日、念願のろくやおんピザランチに行ってきました。





「いらっしゃいませ」





あれオーナーの声はするけど姿が・・・






ああ、いたいた ちっちゃすぎて見えなかった。






ビックフットとの視界の差が2mほどあるので







かがまないとキチンとご挨拶ができません。







そんなかわいい小さな木こりが作る







本格窯焼きピザはもちもちのぷりぷり。







あ、ぷりぷりはなにか違う。







よっさんは食レポには向いてないようです。











なんせ冗談抜きですごく んーまい!






結構な量にも関わらず、ガッツリ美味しく頂けちゃいます。







よっさんにはまだまだやることたくさんあるけど、






頑張ったご褒美は必要なのであります。 (別名エサとも言う。)






あと、これからも頑張るぞ!の心の栄養も必要なのであります。














デザートのシフォンケーキもしっとり。





コーヒーも美味しい。






愛情たっぷりのオイシイ栄養。   補充完了。





さー、人知れず今日もコツコツ作業を頑張ります!





ろくやおん
高砂市松陽4丁目717 079-446-2490
OPEN:金・土・日(ランチタイム 12:00-14:00)
ピザランチは金・土 (日曜日はきまぐれランチ)
(満席になることが多いのでご予約をお勧めします。)








テーブルのチラ見せ画像。


















 
10:44 おでかけ comments(6) trackbacks(0)
御崎めぐり


レリゴォー





レリゴォー





ふふふーんふんふんふーん♪ (←あんま歌詞知らない)






よっさん超ごっきげんお出かけ。





赤穂の御崎めぐり。









浜国を経てひたすら海を横目に 車の中で常にレリゴー。







対向車もめったないので大声で窓開けて歌っても超レリゴー。







みーどりーの中をー走りぬけてーく まっ黒タント♪









こんなすがすがしい緑のトンネルと






山中の不気味トンネルを幾度と超え






辿り着いた場所は赤穂の御崎の岬。






いや岬の御崎・・ええいどっちでもいい。










ぼーーーーー・・・。









ぼーーーーー・・・。











ぼーーーーー・・・。










ええわあ。





めっちゃいいとこやあ。






最高やあ。






宝石箱やあ。  (なんの?)







ひとしきり「ぼーーーーー・・・」をし終わってから






「ひとりミーティング」が開催される。






準備は整っています。










ドリップしてきたホットコーヒーと







taropanの焼きたてパンと









漫才ネタ帳





って なんでやねん!






一人ノリツッコミにも拍車が掛かる中、






まじめミーティング開催。






山田課長と山田チーフの意見が少しもつれたけれど、






新人の山田さんの意見でまとまり無事会議終了。






雑用の山田くんは隅っこで座布団待ち。






いやまあ癒される場所にいると人間はクリアになるものです。






雑念がない分、考えがまとまるのも早い。










会議終了後。






「実はこっちが本命ちゃうの?」という疑惑まみれの







クラフト「空のいろ」へ





来月はここでtrillさんの個展も開かれますよ!








期間限定のikumoreスイーツに魂を吸い取られ






ああ 幸せってこういうことを言うんだよね、と実感。










ぼーーーーー・・・・。









ぼーーーー・・・・。







あ!  ぼーーーちゃうがな!






今日はソフトボールの当番やないかい!







雨! 降らないよね。






雷! 鳴らないよね。






雪! さむ。当番のがマシだよね。







ちえ。  しぶしぶ帰るとするか・・・。








スイーツ食べた分の脂肪燃焼をはかり、






ソフトボールの玉拾いもろくにせずに







こっそりカーヴィダンスを踊ってたのは 







このわたすです。








さ、リフレッシュできたし、今日もるんるんで営業します。









*****************************

ランチのご予約受付中です!







 
07:06 おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ローカル天国


この前のお休みの日のこと。




木工作家の友人の展示会へ行くため神戸へ。









全て温かい木のぬくもりが伝わる手作り。




すごく繊細で美しい作品の数々。




やはり作家さんそのものが繊細で美しいからこそ




この作品が出来上がるでしょう。




よっさんは「ひのきのまな板」を連れて帰りました。




木肌も美しくいい香りがします。




さっそく もこみちに何か作ってもらおう。




これらの作品は作家さんご本人のお店にも展示販売しております。



ろくやおん



金・土曜日限定のピザランチがチョー人気です。






はい ここまで。




という事で ろくやおんさん、




ギャランティーはいつもの口座にお願い致します。







その後は須磨浦の山頂で愛を叫ぶ。





知る人ぞ知る 昭和ローカル天国。





桜のシーズンということで乗客も多く、




ロープウェイ内のベストポジションを泣く泣く奪われ(最後尾のとこ)




乗り継いで







さらに乗り継いで







さらに国境を越え








絶景ポイントへと到着。



絶景マニアの血が騒ぐ。 









桜は五分咲きだったけど




春のいい匂いとポカポカ陽気とこの景色。




もーたまりまへん。





ああ、やっぱり狭い狭い地上より 広い広い空が近い場所が大好きだ。




高い所マニアは いつもてっぺん目指しております。










レッツこぎこぎー!





***************************









 
10:21 おでかけ comments(2) trackbacks(0)
難波珍道中



春休み 春休み 春休み。





まだ数日しか経ってないのに





もー堪能した。






定休日にやまだやまだと大阪にお出かけ。







ひたすらてくてく歩いて行くと






見えてきた見えてきた。






はい まずは大阪城に 「敬礼!」




どっち向いとんねん。








どん 出た!   おーさかじょーーーーー!







なんか ​ひとことで言うと「派手」。






大阪のおばちゃんのファッションセンスは






きっとここから発祥したに違いない。






古さと新しさの融合にどこか違和感を感じる。






お城風に造られたアトラクションみたい。





あ、バカ殿もいそう。 くくく。






姫路城に見慣れている分、なんだかなあ・・・。






天守閣まで登って天下取ったのち





さらに上を目指す一行が向かった先は






↓このてっぺん。







ザ・あべのハルカス。




まだOPENしたてのホヤホヤなので





3月いっぱいの入場は予約制なのです。





夕方5時に予約を取ってもらってたので、






ひとまず時間つぶしに大阪のデパートをウロウロ。






とある雑貨フロアの一角の棚でポーリッシュ発見!





と同時に市原悦子ご登場。





あらやだ。  一種類しか柄がないの?





あらやだ。  アイテムもこれだけなの?






ふふ ふふふ。



やあねえ。   大阪の大手デパートのくせに。





大阪のみなさーん。  cavoにたくさんポーリッシュありますよ。






さあ 家政婦ネタは置いといて そろそろてっぺん目指そう。




エレベーター内の演出も素敵。








約45秒のタイムマシンのような異次元体験。





耳が詰まるよう 助けてドラえもん!










到着。  なああんと60F。





降りるとすぐに見える地上300mの絶景がこちら。









一言で言うと ひゃっほうー!て感じ。




最高に絶景!  テンション上がる!





しかしこんな高層ビル。  耐震設備は十分なのでしょうね。






例えば 横揺れに耐えれる筋交いとか・・・・  













・・・・ああ、あったあった。






夕方5時に入場したから 少し待つとこの夜景も楽しめた。








うっとり。  あーこのままずっと眺め続け・・・・





られるはずもなく。






時間的に子供たちの腹減ったコールがしつこく鳴り響く。






夜景 < 食い物。






育ち盛りのマンキー達は飢えに敏感である。






高い入場料払ったんやからしっかり元を取れ! 






という大阪人らしい発言も虚しく地上に戻りました。





ああ 地上って狭い・・・。




**********************************








 
12:22 おでかけ comments(0) trackbacks(0)
みちのくひとり旅

ここでえー 一緒にいー しねたらーいいいいいいいとおおおおー♪



こんにちは。   ジョージ・ヤマモトです。



おしゃれなデザイナーっぽく言ってみましたが コテコテのふんどし姿の演歌歌手です。




突然ですが よっさんは自分探しの旅に出ます。 (日帰りですが。)



決して探さないで下さい。  (もう帰ってきてますが。)




普段、大勢でワイワイするのも大好きですが、



一人になって自分と向き合う時間も大好きなのです。




特に車の中は密室空間。



とても集中できるし 独り言や大声で歌ってもOK。



という事で、恒例の 「ひとり歌謡ショー」 が開催される。



たまに後部座席から 「ご本人登場」 でびっくりしてみる。



そうやって、車中でひとり不審な笑みを浮かべながら 運転して辿りついた場所がここ。




IMGP5776.JPG

日本のマチュピチュ。  天空の城、和田山ラピュタ。



入山が12/10までと知り、急いでスケジュール調整した。



車から降りた瞬間に、大好きな木々のいい匂いにテンションMAX!



さあ登るでー。



IMGP5779.JPG

ってテンション維持のままと思いきや



途中から ぜいぜい言いながら ラマーズ法を使って頑張って登った。



もーふくらはぎがパンパン。  そうして・・・





やったー着いた!




IMGP5793.JPG


でもこの周囲を張り巡らされたロープやら 「立ち入り禁止」にちょっとがっかり。



最近の観光客の増加と、実際に落ちた人がいたらしいからしょうがないんだけど。



これなかったらめっちゃ素敵な場所なのに。





播但道があんなにちっちゃい。



IMGP5789.JPG



所々に桜の木があった。


きっと春になったらものすごく絶景のはず。



IMGP5796.JPG



お! ベンチ発見!


IMGP5798.JPG


よっさん今日は 「裸の大将」 並みの



大きな    お お お おにぎりを 持ってきてたんだなあ。



けれど、しばらくしてガイド付きの大勢の観光客がぞろぞろ登場。




IMGP5816.JPG

こ こ こ ここではおにぎりは 食べられないんだなあ。  うん。




しゃあない、せめて家からドリップしてきた温かいコーヒーでも。




IMGP5810.JPG

うーーーーわ やばい。   美味すぎる。



この景色とこの美味しい空気と このcavoで大好評のアアルトコーヒー(宣伝)がマッチして



今 モーレツに幸せ。


IMGP5804.JPG


大好きな空に近い場所。



すごく癒される。



この写真、神様の大きな左手が太陽を隠そうとしてるように見えません?




IMGP5802.JPG


さあ、コーヒー飲んで一服できたから。



そろそろ天下取ってやろうじゃないの。



目指すはあの 「本丸」 のてっぺん。




IMGP5819.JPG



なのに・・・・。



がーーーーん。




IMGP5825.JPG


てっぺんに上がってから



ふーん、ここに顔面白塗りで 股間に白鳥ヘッドをまとった殿がいたんだなあ。



と また妄想笑いで楽しもうと思ってたのに。



くそう おもんないぞ。




IMGP5843.JPG

いつか絶対に 「雲海」 を見に来よう。



そんなこんなで よっさんのみちのくひとり旅が






終わるはずもなく。



次に辿り着いた場所は 「生野銀山」。



季節外れの格好で わら人形を打ち付けてはりますね。




IMGP5852.JPG

いや、銀山ですから。



そんな怖いとこちゃいますから。




ちょいと進んで ガイドの声を盗み聞きしていると



どうやらここに観音岩があるらしい。




IMGP5855.JPG



拡大するとここに 観音様の横顔が。



2.jpg


しゃくれ・・・てますよね。



盗み聞きしたガイド話によると、平成20年に見つかったらしい。



どーもうさんくさい。







IMGP5856.JPG



ここから 「ろう人形の館」 へ。


IMGP5859.JPG


これ、動くんすよ。 



一点を見つめて リアルに動くんすよ。



夏に来ると涼しいらしいこの採掘の杭道。



きっと冬は外と同じくらいだろうと思ってたが、



鼻がきーんってなるくらいに寒い。



しかしなんとも神秘的なムードですな。




IMGP5872.JPG




少し進むとお酒の熟成庫があった。



IMGP5870.JPG

よっさんだから良かったけど、きっと友人が来てたらここで酒盛りが始まってる。



この 「売店にて販売なう!」 の看板がやけにイヤらしい。



今度よっさん用の 「ウェルチ」 持ってきて勝手に熟成させてみよう。





はい、ここから 聖飢魔供,離潺紂璽献奪がギターソロから流れます。



IMGP5881.JPG


きーっりのたちこむ  もーっりのおくふかくーーーーーっ♪



IMGP5880.JPG


しょーうっじょをはこぶ  なーっぞのろーおじんーーーー♪





はい  「おかわりっ!」 ♪


IMGP5876.JPG



なんて、奥ゆかしい歴史あるこの場所で 



こんな遊びをするのはよっさんくらいでしょう。



外に出ると杭道の上に登山道を発見。



今日は山のフルコース。



たまりまへんな。




IMGP5885.JPG


IMGP5890.JPG


IMGP5891.JPG



IMGP5894.JPG


IMGP5900.JPG



ふんだんに 山の景色と空気を取り込んで



またさらにパワーアップしたよっさん。



楽しかったでぷーーー!



はい 「おしまいっ」 ♪     



「趣味は眉毛を整えることです。」  
By ウィリアム・ニコラス代官


IMGP5905.JPG



IMGP5850.JPG



****************************



20131127_142138.jpg




 
10:33 おでかけ comments(2) trackbacks(0)
夏といえば
 

おや みなさんお久しぶりで。



ブログ更新をサボって  よっさん何やってたんだよう。




いやあ、一段落ついて ブログ何書こうかな




なんて考えてたら いつも 睡魔が襲ってくるという めまぐるしい毎日の中。





かんぱーーーーーーーーいっ!!




ええ、お昼間です。


ええ、いつものおっさんどもの集会です。




久しぶりの肉が食えるとなれば



さすがのよっさんも血が騒ぎ ひたすら野菜を切らずにはいられない。





それぞれの頭の中を解説しましょうか?



手前から 


「ビール・・・」


「炭火で焼いた肉・・・」


「モヒート・・・・」



ご覧の通り、よっさんだけノンアルなので一気に食に走る。




ファイヤー!




まあ、ここまでは普通のかわいい肉バーベキュー。



しばらくすると 厚揚げ ほっけ ししゃも と



まさにオヤジのちょい呑みつまみ的なアイテムが網に並ぶ。



さらにシメには 料理上手の独身イケメン女子が作る ふわふわだし巻き。





これっ、写真撮ってる時は 箸を止めなさい。



なんて言葉も全く耳に入らない 酔っ払い連中。



めちゃめちゃ旨し!



でも一番のごちそうは



みんなの笑い声。



最高に楽しかった。





さすがにもう何も食べれません状態で家に帰って 



子供達の姿を見ると



ごめんね・・・母ちゃんだけ美味しいお肉を食って帰って・・・。



と反省しながら トドのように転がっていると (してるのか?)



次男が私の立派な下腹を優しくさすりながら



「母ちゃんのここには 赤ちゃんがいるんだよね〜」



と 半笑い。




前言撤回。




愛しさが憎しみに変わる瞬間であった。






そんなこんなで 楽しい毎日。



私の周りの全ての人に 感謝する毎日。



全部 ありがとう。








06:23 おでかけ comments(2) trackbacks(0)
小人とお出かけ


さあ いくぞ

 



カーブだ





トンネルだ






ぽんっ 到着!






昨日は運動会の代休で 愉快な小人達とお出かけ。





この天空を突き抜けるマシーンで辿り着いた場所。




なんと そこは ふしぎな森。



しかも誰もいない。






森の中に不思議な立て看板が。



え?この森には 「木の小人」 がいるの!?





よーく目を凝らして 看板を見直して



がっかりと肩を落とす。



まあいいや、今日はすでに小人2人も連れてるし。








「君ってイスなの?」    「そういう君もイスなの?」


「右頬が割れてるよ」    「乾燥肌なんだ」



ってよっさんにだけ聞こえました。






夢の世界ごっこもお腹が空いてとっとと終了。



ここは佐用郡佐用町。



佐用といえば ホルモンうどん。



よっさんは森や公園やどうこうより



正味 9割型こっちメインでやってきている。







以前、佐用からのお客さんから頂いた パンフレットを握りしめ。



いつか食ってやる 待ってろ 佐用!



と胸を焦がし ようやくこの日が来た。



じゅーーーー!!





訪れたここのお店は タレに絡めて焼く形式じゃなくて



付けダレ形式だったのが少し残念だったけど



そのタレも絶品!  すんごく美味しかった。



お腹いっぱいでよっさんは満足。




だけど まだまだ遊び足りない 小人達を連れてやってきたのは



ザ・卓球場






この後、子供相手に大人げない闘争心をむき出しにし



悔しがる小人達をあざ笑う 冷酷な母ひとり。



さーーーーーっ!!! (ガッツポーズ)




「手加減」は決して子供の為にはならないのである。







その後 あー疲れた とカーペットに寝転がって



一人ゆったりとピクチャーウィンドウに映る木々を眺めながら





こんなRC造で天井の高い大窓のリビングがある家に住めて幸せ。



と妄想にふけるのもいとおかし。




そう、なんだか そそられるこの場所は



安藤忠雄氏の作品のひとつ。



青山にある星の子館。






コンクリートフェチのよっさんは 



いつも引きつけられるようにここに来てしまう。






このアングルったらもう たまりません。



これを見てムラムラしてるのは 私だけですか?






実はね サービスショットもあるんです。







ほうら壁のアップ写真。  



ずっと見てたら頬ずりしたくなりませんか?






あれ なぜみんなそんな白い目で見るのですか?






よく遊んだからスッキリした。



また明日からお仕事頑張ります。








シートベルトは正しく装着しませう。



17:34 おでかけ comments(4) trackbacks(0)
吹きガラス教室
 

先日よっさんが鼻息を荒くして観た映画。



「藁の盾」 がカンヌで上映されたそうで。



ローカル相生が 世界に初披露されました。




「ファッツ アイオイ?」 「フェアイズ アイオイ?」




という観客の声を想像して ニヤニヤする毎日。






そんな中、昨日はそのテーマでもあります



相生すり鉢山ガラス工房 で吹きガラス教室でした。



よっさんにとって吹きガラスといえば、かれこれ3年のブランクがある。



しかも3年前も素人だったから



ほとんど昨日は初心者として挑みました。







この炉の熱気が懐かしい・・・。



ここのすり鉢山で使われているのは リサイクルガラス。



不要になったガラスを洗い・砕き・溶かす



そして新しいモノになる。



という貴重な勉強をさせてくれる場所。



今回一緒に参加したのは いつもの かしまし娘3人組。



あ、やかまし娘 の間違い。



どんな形のグラスにしましょうか の先生の問いに



「ビアグラス!」 「焼酎グラス(ロックで)!」



と嬉しがって騒いでいる酔っぱらいどもを横目に



「じゃがいも型グラスでカフェオレを飲みたい」



とよっさんは あどけなく可憐なチョイスに。








オレンジ色に熱されたガラスを 自分の手で形にしていく。






出来あがってからは ゆっくりと時間を掛けて冷ましていくので



完成したじゃがいもグラスはまた後日。




さ、 お疲れ様。



ヨチコ先生どうもありがとう。







って素直にお家に帰ると思ったら大間違い。



せっかく相生まで来たんだし、



赤穂岬まで足を延ばして 今井荘 でcafe。










海風を感じながら ぼーっと 



お喋り。






素敵なcafeを後にして  さらに次のcafeへハシゴ。



なぜハシゴするかというと



さっき行った今井荘でスウィーツが完売だったから。




ガラス工房で体力を消耗して



かなり小腹を空かせていたので



意地でもなんか食ってやる!



とガルガル言いながら やっと辿り着いたのが



こちらのケーキセット。










海の次は 草原のシチュエーション。







本日のテーマは 絶景癒しcafe と ケーキ。



と 灼熱ガラス。 (危うく本題を忘れる所だった)



楽しうございました。










13:18 おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ピザパーテー
 


昨晩は前々から楽しみにしていた 



サタデーナイトヒーバー の ピザパーテー。



in ろくやおん




ピザパー兄さんはとっとと店じまいをして



石窯のピザに どきをむねむねさせながら参加。







落ち着いた和風モダンな造りのたたずまい。



シックに静かに音楽が流れる落ち着いた雰囲気





を かき消さんばかりの オッサンどもの宴。














これでもか の オードブルの後の






石窯ピッツァ!



何枚も焼き立てが運ばれてくるのに



みんなが食い付くのが早過ぎて 円の形で撮影できない。



いやー やっぱり 普通のピザとはかなり違う。 



冗談抜きで本気で美味しすぎた。 



飲むわ 食うわ 歌うわ 踊るわ











空き瓶の数が増えるごとに 荒れ狂うオヤジ集団。



オヤジあり S女あり 人見知り詐称あり



なんでもありのピザパーテー。



たまには こういうのもいいよね。









森の小人のような 小さいオッサン女子が作る



石窯ピッツァランチ おススメです!



知る人ぞ知る 穴場なのであります。



小人さん ありがとう。




10:11 おでかけ comments(4) trackbacks(0)